連携で日本のものづくり企業の発展を |一般社団法人ジャパンプロダクツユニオン
ブログ

光伸光学工業 製品一覧

波長可変レーザ  KLS-201Aシリーズ(Tunable laser:標準モデル)

波長設定分解能: 0.1nm ・波長範囲: 1260~1680nm       (O/ES/SC/CL/LUバンドに対応) ・Oバンドよりも短い波長に広範囲で対応:    1180~1270nm(1220モデル)    1000~1100nm(1064モデル) ・単色性に優れたスペクトラム線幅 ・低RINの低ノイズ光源     -145dB/Hz以下(光出力:0dBmにて)

波長可変レーザ KLS-601Aシリーズ(Tunable Laser:高分解能モデル)

波長分解能 0.0001nm(=0.1pm)を実現した高分解能型モデル

ITF-201A シリーズ,波長/半値幅可変フィルタ

ITF-201Aは最大6種類のフィルタを搭載可能な波長可変フィルタ装置です. 波長/半値幅をそれぞれ任意に設定可能なタイプと半値幅を固定して波長を広範囲で 可変させるタイプとがございます.

TMUX:3ポート透過/反射フィルタモジュール

TMUXは透過光・反射光を同時に波長可変可能なADD/DROP用合分波器です. 内部フィルタを回転することで波長を10nm可変することが出来ます. 波長可変機構にはマイクロメータを使用しており精密な変更が可能です.

FBPF:外寸8mm角の小型タイプ波長可変フィルタモジュール

FBPFはファイバコリメータに当社製のフィルタを挿入したモジュールです. フィルタ部をマイナスドライバーで回転させることで波長を可変させることが出来ます.

ILF:外寸8mm角の小型タイプ波長固定フィルタモジュール

ILFはファイバコリメータに当社製のフィルタを挿入したモジュールです. フィルタを任意の波長に固定して提供します.

FC: TFM / WTFM用フィルタカセット

FCはTFM,WTFM等のカセット型波長可変モジュールに使用可能なフィルタカセットです.

WTFM/FC, フィルタを2つ搭載できるカセット型波長可変フィルタモジュール

WTFM/FCはフィルタ部がカセットになっており,カセットを交換することでフィルタ特性を変更できます. またフィルタカセットを2つまで搭載可能で組合せにより任意の波長特性を成形することが出来ます. フィルタを回転することで波長を20nm可変することが出来ます. 波長可変機構にはマイクロメータを使用しており精密な波長調整が可能です.

TFM/FC:フィルタ部をカセット化して交換可能にした波長可変フィルタモジュール

TFM/FCはフィルタ部がカセットになっており,カセットを交換することでフィルタ特性及び波長帯を変更できます. フィルタを回転させることで波長を20nm可変させることが出来ます. 波長可変機構にマイクロメータを使用しており精密な波長調整が可能です.

1um帯小型モジュール(高耐力タイプ)

1um帯小型モジュール(高耐力タイプ)は光パワー耐性に優れた小型・低損失光学フィルタモジュールです.この新製品は,当社の従来製品(ILFなど)が持つ,カスタマイズしやすさという特長は受け継ぎ,かつファイバレーザ発振器などのハイパワーレーザへの適応性を新たに加えたモジュールとなっております.

レーザプロジェクタ用フィルタ

弊社はYAGレーザの基本波や高調波を使うレーザプロジェクタ用の光学フィルタや偏光ビームスプリッタを提供しています.高調波だけを分離するためのエッジフィルタや高調波のP偏光・S偏光を分離するためのビームスプリッタなど,高品質な画像を得るために必要な光学素子をご希望に応じて設計・製作いたします.

赤外線透過フィルタ

弊社の赤外線透過フィルタは,ナイトビジョン,監視カメラ,レーザ・レーダ(ライダー)など,様々なアプリケーションに採用されています.また車載センサや監視カメラなどのセンシング機器だけでなく,車載LAN用光送受信モジュールなどの通信機器にも応用され,アプリケーションの幅を広げています.様々な用途に合わせてカスタマイズされた豊富な実績がございます.

蛍光分析用(励起・蛍光)フィルタ/ダイクロイックミラー

誘電体多層膜で形成された,90%以上の高い透過率を持つバンドパスフィルタです. 光学多層膜を組み合わせることにより蛍光観察に不要な光をカットできます. 励起光と蛍光をOD5以上で分離できます.

蛍光分析用ダイクロイックフィルタ

蛍光分析装置内で反応を起こさせる励起光と反応の結果発生する蛍光とを分離するフィルタです.励起光と蛍光をOD5以上で分離できます.光学特性が励起光の偏光に依存しません.ご希望の励起光・蛍光に合わせて光学多層膜を最適設計いたします.

樹脂フィルムIRカットフィルタ

ガラス基板をベースとしていたIR(赤外線)カットフィルタを樹脂フィルムをベースにして実現いたしました.従来のIRカットフィルタには無いユニークな特長を持った製品です.

樹脂NDフィルタ

薄さ100μmの樹脂フィルムに独自の成膜技術でNDフィルタをコーティングしています.弊社のNDフィルタは反射率を低減されており,フレアや戻り光を減らします.そのためお使いいただく際にこれらの光学特性への影響を考慮する必要がありません. また,樹脂基板を使っているため加工形状に対する制約が少なく,用途に合わせて任意の形状をお選びいただくことが可能です.

樹脂IRCフィルタ(HIBRID)

薄さ100μmの樹脂フィルムに独自の低温成膜技術で誘電体多層膜をコーティングしました.樹脂フィルムには特殊な吸収材料を添加.カラー画像(動画)には不要な近赤外線を“樹脂フィルムの吸収特性+コーティングの反射特性”によりカットするハイブリッドタイプのIR(赤外線)カットフィルタです. 吸収と反射のハイブリッド特性により,光の入射角度に依存する透過帯域の波長シフトの低減と,赤外線吸収タイプのフィルタでは実現できない薄型を同時に実現しています.

干渉フィルタ(バンドパスフィルタ)

血液分析や免疫反応の観察に使われるフィルタです.反応を起こさせる励起光と反応の結果発生する蛍光とが混ざった光の中から蛍光だけを抽出します. 中心波長,半値幅,阻止範囲をご指定いただければ,半値幅1.0nmの狭帯域のバンドパスや最大透過率90%以上などのご要求に合わせ、カスタムでの製作も対応が可能です.

反射防止膜(ARコーティング)

ガラス,光学結晶材料,プラスティックなどに光が入射するときには表面で数%程度の反射が生じます. 反射防止膜はこの表面反射を軽減し,透過率を増加させるコーティング. 用途にあわせ単波長用~広帯域用まで反射防止効果を選択可能です. また,光の入射角度に合わせたコーティングも対応可能です.

偏光ビームスプリッタ(PBS)

入射した光をその偏光成分により分離させるフィルタです.P偏光成分を透過,S偏光成分を反射させます.プリズムを接着したキューブタイプとより有効波長範囲を拡げたミラータイプが作成可能です.

レーザミラー(LMC)

測量や形状測定に使われるレーザ光の光路を形成するためのミラーで,反射膜に誘電体多層膜を採用し,特定の波長を高反射させます. Al等の金属膜を用いる場合もありますが,金属の吸収により90%程度の反射率しか得られず,膜自体の耐久性も低いため表面に保護膜を施す必要があります. これに対して誘電体膜の場合は金属膜に比べ,高い反射率と耐久性が得られます. 用途にあわせて単波長~広帯域用を選択可能です.

マルチバンドパスフィルタ

複数の透過帯を持つバンドパスフィルタを1枚の基板で実現しています.可視光から近赤外光まで対応が可能で,透過帯の中心波長,透過率,半値幅が自由に選択できます.ご希望の光学特性をご相談ください.

ポリイミドフィルタ

ポリイミドフィルタは極めて薄く,ガラスを基板とする光学フィルタを使うことができない狭いスペースしかない場合でも使用することができます.ポリイミドフィルタは薄さを15umから30um程度の範囲に抑えることができ(膜厚は光学特性によって異なります),光ファイバケーブル,光導波路回路(PLC)あるいはフェルールに形成された狭い溝の中にアセンブリすることが可能です.

ダイクロイックミラー

白色光から任意の光(色)だけを反射させて取り出すフィルタです.

ダイクロイックフィルタ

白色光から任意の光(色)だけを透過させて取り出すフィルタです.

コールドミラー

吸収のない誘電体多層膜を使用し,近赤外光を透過・可視光を反射するフィルタです.映像機器,スタジオの照明機器および医療機器などの光源に組み込まれる反射鏡に用いられます.

エタロン

2枚の反射鏡を平行になるように向かい合わせたものをエタロンといいます. エタロンは波長に対して,透過率が周期的に変動する特性を持っていて,反射鏡の間隔で周期が,反射鏡の反射率で透 過率のボトム深さが決まります. 弊社では平行度の高い平面基板の両面に反射膜をコートしたソリッドエタロンの加工を行っています.

UV/IRカットフィルタ

イメージセンサの画像形成に不要で発熱・ノイズの元となる赤外線や紫外線をカットするフィルタです.ご要望に応じてカット波長や赤外の阻止域の幅などをカスタマイズいたします.

UVフィルタ

紫外線は食品や医薬品の製造工程における殺菌・滅菌,印刷インキや塗料・塗装コーティングなどの化学薬品の乾燥・硬化など幅広い用途に応用されています.弊社は200nm~400nmの近紫外線用フィルタをご提供いたします.ご要望に合わせて,IRカットフィルタと組み合わせた光学特性やハーフミラーなどの特別仕様も設計・製造いたします.

RGBフィルタ

白色光から光の三原色(R赤,G緑,B青)を取り出すフィルタです.御要望に応じてRGBフィルタを同一面へコーティングする事も可能です.色彩に応じて透過光のスペクトルを調整することができます.

NDフィルタ

ある波長域において入射光量を一定の割合で減衰させるフィルタです.レンズやイメージセンサに入射する光の量を調整するために使われます.用途にあわせて表面反射を押さえた低反射タイプのNDフィルタを選択出来ます.特に可視域におけるニュ-トラル性は高く,光学濃度(OD:Optical Density)0.1~3.0の範囲では高精度な透過特性を満たします.

IRカットフィルタ

可視光を透過して近赤外光をカットするフィルタです.ミラーレスなどのカメラだけでなく,スマートフォンに搭載されるカメラモジュールや液晶プロジェクタなどの用途に広く使われます.

CWDMフィルタ

弊社はCWDMバンドパスフィルタをご提供しています.このフィルタは40GBASE-LR4光トランシーバが要求する低損失かつ高アイソレーションを実現しています.また関連するエッジフィルタをご提供することも可能です.

高耐力レーザミラー

業界でもトップレベルのレーザ損傷閾値(LIDT: Laser Induced Damage Thereshold)を持つ高耐力レーザミラーを開発してきました.このミラーはレーザ加工機やレーザリペア装置などの産業機器,およびレーザ核融合装置の実験装置にも利用されています.当社ではYAG基本波の波長だけでなく第二・第三高調波の波長にも対応しています

汎用型単一波長光源 LSM

レーザ光源(半導体レーザー)やtunable filterなど光技術を必要とするあらゆる分野のお客様に高品質な光製品をご提供する,光伸光学工業が取扱う製品を紹介しています.半導体レーザ光源シ リーズは,チューナブルフィルタ(BPF)を応用したチューナブルレーザーです.波長可変範囲やパワーの最大値を変更,不要な機能を削減するなど,ご要望 によりカスタマイズが可能です.半導体レーザーは,同様のものを指すのに,ダイオードレーザー・レーザーダイオード,あるいはLDという名称もよく用いられます.



PAGETOP