連帯で日本のものづくり企業の発展を |一般社団法人ジャパンプロダクツユニオン

遅延時間制御装置

光信号処理の課題の1つに,光信号のタイミング制御を行う必要があります.ここでは,高精度にかつ安定的に調整できる製品の紹介をします.

外観写真 製品名:型番 製造元

ラック型光ディレイラインユニット:RDLA

光路長を変化させることにより遅延量を高精度且つ安定的に調整できる手動型の光ディレイラインをユニット化し,3Uラックに最大8ユニット収められる製品です.

(株)オプトクエスト
  電動ディレイライン:RDL05C

光のタイミングは,電気のパッシブデバイスを調整して実現するように簡単には調整することができません.本製品は光のタイミング制御など伝送路の遅延量を高精度かつ安定に調整することが可能です.
(株)オプトクエスト
小型ディレイラインモジュール:SDLB

光路長を変化させることにより,遅延量を高精度,且つ安定的に調整できる光遅延器を手動型で小型化したモジュールです.
(株)オプトクエスト
 

オプチカル可変遅延回路

本品は,従来の可変遅延回路をコンパクトな形にした半固定タイプのもので,複数個の使用時にもスペースをとらないように作られております.

 (株)雄島試作研究所

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.